B型肝炎の給付金を請求する際にみんながやっていること

>体験談>B型肝炎給付金の対象者を知る【知らないと損をする】

B型肝炎給付金の対象者を知る【知らないと損をする】

相談

レビュー一覧

まずは給付を受けられる条件を調べました

給付金のニュースをテレビで見て知りました。B型肝炎のことはなにもわからない状態でしたので、ネットで調べました。友人にも話を聞いてまわりましたね。色んな資料が必要でしたので、母と調べなから用意しましたよ。それから弁護士に相談しました。色々な相談にのってくれたので助かりましたよ。約150万円の給付金をもらえました。母が集団予防摂取を受けていて、自分も母子感染していたんです。献血などしたことはなく、去年までB型肝炎のことを知らないまま過ごしていました。しかし、母から集団予防摂取の話を聞き、献血に行きました。そこでB型肝炎だと判明しましたよ。自分でもびっくりしましたね。ちゃんと給付金をもらえたので良かったです。40代男性

弁護士に相談したので手続きが楽でした

まずは弁護士に相談しました。相談は無料だったので何度も相談しましたよ。資料を色々と用意してくれて助かりましたね。初めてのことばかりで不安でしたが、色んなサポートをしてくれました。給付金をもらえることになったのでホッとしましたよ。10年前に献血に行ったときに、B型肝炎だと判明しました。それから病院通いで沢山お金が必要になりました。自分の場合は、比較的に症状は軽いかったですね。でもうちはそんなにお金があるほうではなかったので金銭面で苦労しました。子供にも苦労をかけてしまいました。父親が集団予防摂取を受けていて、父子感染したのが原因でした。父はB型肝炎で既になくなっていましたが、相続人として給付金を受け取ることができました。50代女性